<< 2019.9.28 新月 | main | 2019.11.27 新月 >>
2019.10.28 新月

2019年10月28日12時38分 新月図 ↓

 

 

長期的な忍耐

 

新月さそり座5度のサビアンシンボルは

「大きな岩が、叩きつけるような海の荒波に耐えている」

 

直居先生のサビアン本には

「長期的な忍耐や過去を捨てる必要のある生活、冷たい現実との格闘、立場を失うことに耐える、環境との不調和の克服、堅実な生活をする必要、状況を上手に変えて自由になる方向を目指す」

 

鏡リュウジ氏の監訳本には

「容赦ない不変の現実、叩きのめされ押し潰されたような感じ、困難な状況の中で現実にしがみつく必要、進化、忍耐、自然と闘う」

 

松村先生のサビアン本には、

「がんとして動かない現実に気付く、不足の事態で挫折する」

 

などのキーワードが書かれています。

 

環境の変化、新しい環境に適応すること、壁を越えること

 

新月の180度側に天王星、

 

環境変化とか、突然の変更、緊張を強いられること、新しい環境に適応しなければならない、壁を越えること、

 

などの意味があります。

 

火星土星冥王星

 

てんびん座の火星が土星冥王星と90度になっています。

破壊的なこと、災害、けが、暴動、テロ、戦争、息苦しさ、抑圧感などの意味。

 

個人レベルでは、

イライラしたり、攻撃的になったり、頑張りすぎることによる過労などに気をつけましょう。

 

また、火星のシンボルは「冬の嵐の後、船着場が復興を必要としている」です。

 

今回の新月図は、サビアンシンボルだけで、まさに今の状況を表していると思いました。

 

ちなみに来月の新月図には、思わぬところからのサポートや予期せぬ幸運などが示されている部分もあります。

 

 

水星逆行

 

11月1日〜21日まで水星が逆行します。

水星逆行中は情報通信、言葉や文書によるコミュニケーション、郵便や運送に関すること、神経などに関して注意が必要です。

 

※交通トラブルや電車遅延
※パソコンやメールのトラブル
※誤解、発注ミス などに注意しましょう。

そのほか、水星逆行時の特徴は、
※失くしたものが見つかりやすい
※過去に考えた企画を掘り起こして練り直すとよい
※やり残した仕事を片付けるのによい時期

「水星が逆行しているときというのは、やり残した仕事を片付け、未払いを完済し、あいまいな考えをはっきりさせるなどによい特別な時期でもある。また調査、執筆など何につけ深い思索を必要とすることにとっていい時期である」(アメリカ占星学教科書より抜粋)

 

 


★溜池山王の対面リーディングはご予約制 月曜〜土曜の11時〜16時 日曜祭日はお休みです。

★11月11日(月)と18日(月)は電話・対面ともお休みさせていただきます。

★対面リーディングの詳細はホームページ http://www.rema.jp/menu.htm をご覧願います。
★詳細はメールか電話でお問い合わせ願います。

(メルアド info■rema.jp →■を@に変えてください。迷惑メール対策です、すみません)

 

カテゴリ:- | 10:12 | - | - | - | - |