<< 2019.4.5 新月 | main | 2019.6.3 新月 >>
2019.5.5 新月

2019年5月5日7時45分 新月図 ↓

 

準備万端整えて逆境に勇ましく立ち向かう

 

新月牡牛座15度のサビアンシンボルは

「シルクハットをかぶった男が、厚着をして寒さを防ぎながら勇ましく嵐に立ち向かう」

 

文字通りの意味、準備万端整えて逆境に勇ましく立ち向かっていく、というような意味でいいと思います。

 

直居先生のサビアン本には、

「弱気になることは禁物、生きる勇気が試されている」

 

松村先生のサビアン本には

「冬の嵐から自分を守る服装をして歩く男は、プレッシャーがやってくることを予期して、それに立ち向かう姿勢を持っている」

「自分の限界もわきまえ、なおかつチャレンジ精神が刺激されて、無理なことでも自分が本当にしたいと思ったら迷わず挑戦しようとする時期」

 

鏡リュウジ氏のサビアン本には

「辛く厳しい時期に直面している困難を切り開いて進む、荒天を厭わず逆境に立ち向かう」

 

などのキーワードが書かれています。

 

連休明けの五月病に注意―不安な気持ち、落ち込み、イライラ、神経バランスの乱れ―

 

連休明けは五月病に注意とあちこちで言われていますが、

占星術的にも重なるところがあり、今年は特にそうだろうな、と思います。

 

連休中は水星が土星冥王星と90度になっていて、

連休明けすぐに水星天王星合となります。

 

イライラしたり、落ち込んだり、不安になったり、

神経への負担が増したり、批判的精神に苛まれたりする人が多いかもしれません。

 

この連休中は、既存のお客さまの対面・電話をボチボチこなしておりましたが、

水星土星冥王星の影響を受けていらっしゃるのかなと思われるような内容のご依頼が多かったです。

水星を木星がサポートしているのになぜ?という人がいましたが、

木星程度のサポートでは足りないのではないでしょうか。

 

水星は動きが速いので、

特に個人天体が巻き込まれていないのにそういう気分であったという場合は

5月半ばぐらいには落ち着かれていると思います。

 

ただ、土星冥王星に太陽、月、水星、金星、火星が巻き込まれている方は、

今年いっぱいぐらい、影響を受けるかもしれません。

 

太陽→人生上の困難

月→身近な女性の問題、健康不調、体・感情面での冷え

水星→イライラ、落ち込み、不安感

金星→恋愛の問題、収入の低下

火星→エネルギーがダウンしその影響で逆に怒りっぽくなる、環境・状況等に縛られ思うように行動できない、怪我

 

じゃあ、どうしたらいいのか。

天体の影響だから仕方ないとあきらめて、フテ寝する。

この際だから、落ち込むだけ落ち込んで哲学書、仏教書、聖書等を読む。

カラオケに行き大声で歌うとすっきりするからよくカラオケに行く機会を増やして乗り切るという人もいらっしゃいました。

私はカラオケしないので、その気持ち良さがよくわかりませんが、とても気持ちいいらしいです。

 

でも太陽に来ている場合は、

哲学書を読んだりフテ寝したりカラオケしたりしている時間的余裕はないでしょう。

目の前ことをこなしがら、がむしゃらに突き進んでいくしかない。

 

どの天体が巻き込まれているにしても、自分なりの工夫をして何とか乗り切りましょう。

10年も20年も続くわけではなくて、期間限定ですから。

 


★溜池山王の対面リーディングはご予約制 月曜〜土曜の11時〜16時 日曜・祭日はお休みです。

★対面リーディングの詳細はホームページ http://www.rema.jp/menu.htm をご覧願います。
★詳細はメールか電話でお問い合わせ願います。

(メルアド info■rema.jp →■を@に変えてください。迷惑メール対策です、すみません。

 

カテゴリ:- | 19:39 | - | - | - | - |