<< 2016.8.3 新月 | main | 2016.10.1 新月 >>
2016.9.1 新月(日食)

2016.9.1 18時2分 金環日食図 ↓

 

 

今回の新月は日食です。

日食は新月の大型バージョンのようなもので、

約半年にわたって影響するといわれています。

 

★光と影 自分の影(抑圧された無意識、見たくない自分)を見る

 

新月乙女座10度のサビアンシンボルは、

「影の向こうを覗く二つの頭」

 

自分自身の抑圧された無意識、

気づかない・もしくは気づかないふりをしている部分、

人前に出せず押し込めている部分が、

あらわになりやすい時期となるでしょう。

 

松村先生のサビアン本によると、

「自身の限界を超えようとして、実力を超えて無理をしますが、

そこで自己の影(抑圧された無意識)の像をかいま見るような怖い体験をしがち」 とあります。

 

この新月は、例の土星海王星困難角度の部分と火星とで、

Tスクエアという困難な角度を形成しています。

 

具体的にどうかというのは、

先月のブログに書かせていただきましたのとほぼ同じです。

http://blog.rema.main.jp/?eid=1055526

 

土砂崩れ、土が揺らぐようなこと、

断念、放棄、犠牲、いじめ、抑圧、体調不安定、感染症など。

 

火星と土星のコンジャクションには、

人を傷つけたり傷つけられること、生命力の衰え、罪、などの意味もあります。

 

また、新月のシンボルや状況から、

テロにも注意が必要な時期となります。

 

 

★水星逆行中

9月22日まで、乙女座で水星が逆行中です。

水星逆行時の特徴は、先月のブログに書かせていただきました。

ごらんいただければと思います。

http://blog.rema.main.jp/?eid=1055526

 

 

★木星天秤座入り

木星は9月9日、天秤座に入り、

来年2017年10月10日まで、天秤座に滞在します。

 

ネータルホロスコープ(誕生時の天体配置図)で、

木星が滞在する天秤座は何ハウスでしょうか。

 

そのハウスに関することが、よくも悪くも、拡大します。

 

(ハウスは、正確な生まれ時間と場所が分かれば割り出せます。

ネータルホロスコープを無料で作成できるサイトは、幾つかあるようです)

 

1ハウス→自信、自己表現

2ハウス→収入源

3ハウス→教育、コミュニケーション、旅行、ドライブ

4ハウス→家庭、住居に関すること

5ハウス→趣味、恋愛、レジャー、子ども、ギャンブル

6ハウス→仕事、健康に関すること

7ハウス→ビジネスパートナー、結婚相手、裁判

8ハウス→先祖、墓、相続、借金

9ハウス→旅行、留学、専門知識、学問

10ハウス→社会的立場、昇進、表彰

11ハウス→友人・仲間、グループ、団体活動

12ハウス→ボランティア、宗教、霊的なこと、病院、病気、直感力

 

木星は一つのサインに約1年間滞在し、約12年間で12サインを一周します。

直近で木星が天秤座に滞在したのは2004年9月〜2005年10月。

 

この時期、どのようなことが拡大発展していたか、思い出してみましょう。

 

★木星の拡大発展は油断禁物

 

木星は幸運の星、拡大発展のラッキーな星といわれていますが、

よいことも悪いことも拡大発展するので、

そう単純におめでたいことばかり、とはいえません。

 

木星で何かが拡大発展したばかりに、

損害も大きくなるような事例をよく見るからです。

 

木星効果で何かが拡大発展した人は、

普段より身を引き締めて、

謙虚さを忘れない工夫が必要となるでしょう。

 

 

 

★余談 木星のこと、親子共通カルマのこと

 

木星のおかげで拡大発展したばかりに損害が大きくなる例として分かりやすいのは、

最近、逮捕された芸能人の男性と、そのお母様(大女優)の例です。

 

今年に入って、彼のネータル太陽の上には、木星が燦然と輝いていました。

特に今年7月は、ネータル太陽の、まさに真上に木星とドラゴンヘッドが来ていたので、

仕事はたくさん入り、人間関係も華やかに広がっていたことでしょう。

テレビ出演も多かったですね。

 

彼のネータル太陽の状態はよいので、

ここだけ見れば、

今年は大活躍する発展の年、と読むことになります。

 

けれど、

ホロスコープは、太陽だけを読むのではなくて、

ほかの場所も同時に読まなければなりません。

 

彼のネータル木星は、

天王星海王星と困難角度になっています。

 

ここに、トランシット冥王星が乗ってきているので、

トランシット木星とネータル太陽の華やかさと同時に、

ネータル木星天王星海王星の困難角度にも焦点が当たることになります。

 

彼のネータル木星のサビアンシンボルは、

「逮捕された二人の男」というシンボルです。

 

そして、驚くべきことに、

女優であるお母様の太陽は、彼の木星とまったく同じシンボル、

「逮捕された二人の男」なのです。

 

360個あるうちの一つのシンボルが同じということは、

 

これは親子共通で向き合う課題でありカルマである、

 

といえるのではないでしょうか。

 

この度数、通常は、ここまでシンプルに逮捕という形で出るわけではないのですが、

トランシット天体が何かを仕掛けてきたときは、

一般的にネガティブと思えるような出来事が起こりやすい度数ではあります。

 

木星効果で仕事量が多かっただけに、

逮捕後の仕事キャンセルに掛かる費用は数億円とも言われています。

 

それをお母様が負担する必要があるかどうか…

 

成人男性の犯した罪を母親が負担する必要があるか・ないか、

その議論はともかく、

また、育て方がどうのこうのでもなくて、

 

あくまでもホロスコープから読み取れることとして、ですが、

 

魂レベルでは、

この時期にこのようなことが起こると、母子ともに承知済みであり、

お母様が一緒に償っていくことも、承知済みなのではないかということです。

 

同じような事件でも、親が一緒に責任を負う必要のない場合もあると思いますが、

 

ホロスコープにくっきりと出ている以上、一緒に償うほうがいいと思います。

 

もう少し読ませていただくと、

あと5年ぐらいで、

今の母子関係の契約はいったん終了し、

母子関係の在り方が変化してくると思います。

 

ですから、あと5年ぐらい経過したら、

たとえまた何かあったとしても、

カルマ的にお母様が一緒に償う必要はなくなる、とも思いました。

 

 


★溜池山王の対面リーディングは通常どおりです。
(ご予約制 月曜〜土曜の11時〜18時 日祭日お休み)

★対面リーディングの詳細は、ホームページ http://www.rema.jp/menu.htm をご覧願います。
★今まで受けていただいたことのある方は電話によるリーディングも承ります。
★詳細はメールか電話でお問い合わせ願います。
(メルアド info■rema.jp →■を@に変えてください。迷惑メール対策です、すみません)

 

カテゴリ:- | 17:32 | - | - | - | - |